急激なダイエットはリバウンドの危険があるので注意!

急激なダイエットをすると、リバウンドの危険があります。
ダイエットは、カロリミットを使うなどして、
無理せず行うよう、注意が必要です。

なぜリバウンドが起こるの?

急激にダイエットをすると、
リバウンドを起こすことは、知られていますね?

リバウンドは、無理な食事制限などにより、

  • 体が飢餓状態に入って栄養吸収率が高まる
  • 基礎代謝が低下して消費カロリーが下がる

ことの、2つが原因なのだそうです。

体が飢餓状態に入って栄養吸収率が高まる

ダイエットのために食事制限を始めると、
初めのうちは、グンと体重が落ちるのに、
そのうちなかなか体重が落ちなくなる、、、

このことは、経験がある人も多いのではないでしょうか?

なぜダイエットの途中から体重が落ちなくなるかというと、
体が飢餓状態に入るからだそうです

吸収できる栄養が少なくなると、
体は、「これはピンチだ!」と認識し、
通常の状態とは異なる、「飢餓状態」に移行するそうです。

飢餓状態になると栄養の吸収率が高まり、
少しの栄養でも効率よく利用できるようになります。

そのため同じ栄養を取っていても、
効率が良くなった分、痩せにくくなるわけです。

ところが問題は、体が飢餓状態に入ったまま、
ダイエットをやめた場合です。

栄養の吸収率が高まっていますから、
以前と同じだけ食べたとしても、栄養はより吸収され、
太ってしまうわけですね?

これがリバウンドの一つの原因なのだそうです。

基礎代謝が低下して消費カロリーが下がる

ダイエットで食事制限をすると、
摂取カロリーが減るだけではないそうです。

多くの場合、体を維持するために必要な栄養素も、
不足することが多いのだとか。

それにより、脂肪だけでなく、筋肉まで、
少なくなってしまいます。

筋肉は、基礎代謝を担う重要な部分。
筋肉量が少なくなれば、その分、基礎代謝は低下します。

そうすると、消費カロリーも減るわけですね?

消費カロリーが減れば、それだけ太りやすくなってしまいます。

これがリバウンドの、もう一つの原因となるそうです。

リバウンドしないためには?

リバウンドしないためには、
ダイエットの際、次のことが必要になると思います。

  • 無理な絶食などはしない
  • 食事制限しても、必要な栄養はきちんと取る
  • 適度な運動をして筋肉量を維持する