カロリミットは副作用はある?

カロリミットには副作用はあるのでしょうか?
口に入れるものですから、心配になる人もいると思います。

まずカロリミットは医薬品ではなく「食品」ですから、
副作用は「ない」と思って大丈夫です。

ただしカロリミットの排出作用が原因で、
便秘になりやすくなる人が時々いるようです。

カロリミットに副作用は「ない」と思って大丈夫

カロリミットは、医薬品ではありません。
区分上は、単なる「食品」の扱いです。

医薬品は、効果が強いかわりに副作用があります。
そのため副作用が強いものは、
医師の処方がないと購入できません。

医薬品として指定される成分は、
すべて「日本薬局方」に記載されています。

カロリミットには、そこに記載される成分は含まれていません。
なので基本的に、副作用はないと思って大丈夫です。

便秘になりやすくなる人は時々いる

ただしカロリミットの口コミを見ると、
「便秘になる」というものを時々見かけることがあります。

これは、カロリミットの「排出作用」によるものだそうです。

カロリミットは、炭水化物や糖質・脂質を体に吸収させず、
そのまま便として排出させる作用があります。

そうなれば、言うまでもない話なんですけど、
その分、便が増えることになりますよね?

さらにカロリミットを飲むときは、
たくさん食べるときが多いと思います。
そうなれば、なおさら便は増えます。

いつもよりたくさんの便が腸にたまってしまい、
その結果、便秘になるということのようです。

便秘予防には栄養バランスが大切

便秘を予防するためには、栄養バランスが大事のようです。
これはカロリミットを飲むときに限らず、
もちろんいつでも大事ですね!

便秘を予防するためには、
まず「水分」を摂ることが大切とのこと。

便秘になるのは、便が硬くなるのが原因。
便が硬くなるのは水分が不足するからだそうです。

それから「食物繊維」をたくさん摂ること。
食物繊維は、水分を吸収することにより、
便を柔らかくする効果があるそうです。

食物繊維は、野菜や果物に含まれます。

あとは「乳酸菌」なども便秘に効果があるとのこと。
便秘の原因の一つとなる大腸菌など悪玉菌の、
繁殖を抑える働きがあるそうです。