痩せない!まずは生活習慣を見直してみよう

痩せない!そう焦って、絶食のような無理のあるダイエットを行ってはいけません。
確かに食べなければ体重は減っていきますが、それでは体を壊してしまいます。
またそのように絶食をした後は食事の量も多くなりがちで、リバウンドをして結果的に元の体重に戻ってしまうということも考えられます。
ダイエットは極端な方法をとらなくても、生活習慣を見直すだけで行うことが出来ます。
特に不摂生な生活をしている人は、まずは健康的な生活リズムに近付けるようにしましょう。

食事は絶食をするよりも栄養バランスを考え、また適度な量を摂りましょう。
野菜や果物も積極的に食べて、肉類にばかり偏らないことが大切です。
ジャンクフードやスイーツは言うまでもなく肥満の元になりますが、我慢をし過ぎるのも体に毒であることは確かです。
糖分や脂肪の吸収を抑えるカロリミットを服用するなどして、たまには好きな物を食べる日も設けてみてはいかがでしょうか。
ファンケル公式サイトでは、カロリミットのお得なお試しキャンペーンが行われています。

肥満を予防するためには、運動もないがしろにするわけにはいきません。
体を動かす機会を増やし、筋肉をつけて代謝をアップさせましょう。
あまり激しい運動をすると長くは続きませんし怪我のリスクを増やしますので、無理をし過ぎないことも大切です。

肥満とは関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、睡眠も重要です。
アメリカの大学の研究では、睡眠時間が少ない人ほど肥満の傾向が現れやすいという分析結果も発表をされています。
その原因として考えられるのが、ホルモンバランスの乱れです。
睡眠が足りなくなると食欲を抑えるレプチンというホルモンが減り、反対に食欲が増すグレリンというホルモンが活発になります。
その結果自制心よりも食欲の方が勝ってしまい、必要以上に食べ過ぎてしまうということも…。
そうならないためにも、普段から睡眠はしっかりと摂っておくようにしましょう。
また夜遅くまで起きているとどうしても夜食が食べたくなりますので、なるべく早い時間に眠ることをおすすめします。
22時~2時は、美肌を促す睡眠のゴールデンタイムとも言われていますので、できるだけこの時間に睡眠を取るよう心がけましょう。

このように、肥満は日頃の生活習慣からでも予防をすることが出来ます。
もちろんこうした生活を1週間や2週間続けたからといって、劇的に体重が減ることはないでしょう。
しかし続けていれば、遅くとも確実に効果は現れます。
そうして痩せた体は、急激に痩せるダイエットと比べて太りにくい体質になっていることでしょう。